スタッフ

足立正生監督

監督 足立正生

1939年生まれ。日本大学芸術学部映画学科在学中に自主制作した『鎖陰』で一躍脚光を浴びる。大学中退後、若松孝二の独立プロダクションに加わり、性と革命を主題にした前衛的なピンク映画の脚本を量産する。監督としても1966年に『堕胎』で商業デビュー。

1971年にカンヌ映画祭の帰路、故若松孝二監督とパレスチナへ渡り、パレスチナ解放人民戦線のゲリラ隊に加わり共闘しつつ、パレスチナゲリラの日常を描いた『赤軍-PFLP・世界戦争宣言』を撮影・製作。1974年重信房子率いる日本赤軍に合流、国際指名手配される。1997年にはレバノン・ルミエ刑務所にて逮捕抑留。2000年3月刑期満了、身柄を日本へ強制送還。

2006年、赤軍メンバーの岡本公三をモデルに描いた『幽閉者 テロリスト』で35年ぶりにメガホンを取り、日本での創作活動を再開。そして今年、足立正生監督復帰2作目がこの「断食芸人」だ。

~フィルモグラフィ~

今日もまた過ぎた(1960年) – 監督・脚本・製作

椀(1961年) – 共同製作

鎖陰(1963年) – 共同製作

胎児が密猟する時(1966年) – 脚本

堕胎(1966年) – 監督

避妊革命(1966年) – 監督

犯された白衣(1967年) – 脚本

銀河系(1967年) – 監督・脚本・製作

帰って来たヨッパライ(1968年) – 脚本

腹貸し女(1968年) – 脚本

性地帯 セックスゾーン (1968年) – 監督

毛の生えた拳銃(1968年) – 出演

絞死刑(1968年) – 出演

新宿泥棒日記(1969年) – 脚本

ゆけゆけ二度目の処女(1969年) – 脚本

性遊戯(1969年) – 監督

女学生ゲリラ(1969年) – 監督

狂走情死考(1969年) – 脚本・出演

略称・連続射殺魔(1969年) – 監督・共同製作

新宿マッド(1970年) – 脚本

性賊 セックスジャック(1970年) – 脚本

叛女・夢幻地獄(1970年) – 監督

性教育書 愛のテクニック(1970年) – 脚本

性輪廻 死にたい女(1971年) – 脚本

秘花(1971年) – 脚本

愛の行為 続・愛のテクニック(1971年) – 脚本

噴出祈願 十五代の売春婦(1971年) – 監督・脚本

赤軍PFLP・世界戦争宣言(1971年) -監督・撮影・出演

天使の恍惚(1972年) – 脚本・出演

(秘)女子高生 恍惚のアルバイト(1972年) – 脚本

高校生無頼控(1972年) – 脚本

ピンクリボン(2004年) – 出演

幽閉者 テロリスト(2007年) – 監督・脚本

砂の影(2008年) – 出演

革命の子どもたち(2010年) – 出演

美が私たちの決断をいっそう強めたのだろう/足立正生 (2011年) – 出演・脚本

 

撮影:山崎裕

日本大学芸術学部映画学科卒業後、フリーの撮影助手を経て、65年長編記録映画『肉筆浮世絵の発見』(中村正義、小川益夫)でフィルムキャメラマンとしてデビュー。以後ドキュメンタリー、CM、記録映画などで活躍。主な作品にネイチャリングスペシャル『印度漂流』(94/演出兼務/文化庁芸術作品賞、ギャラクシー奨励賞)、『20世紀黙示録 ものくう人々』(名古屋テレビ/深作欣二演出/ATP97グランプリ受賞)、『なぜ隣人を殺したのか ルワンダ虐殺と扇動ラジオ放送』(NHK/五十嵐久美子演出/98イタリア賞グランプリ、ATP98優秀賞)、映画では是枝裕和監督作品で『ワンダフルライフ』(99)、『ディスタンス』(01)、『誰も知らない』(04)、河瀬直美監督作品で「沙羅双樹」(03)、「2つの窓」(14)。

自身でもメガホンをとった「トルソ」は第33回香港国際映画祭国際評価連盟賞にノミネートされ、第28回トリノ映画祭インターナショナル・コンペティション部門に正式出品された。

足立監督は、日芸時代の学友で45年振りにタックを組む。

 

スペシャルビジュアル:荒木経惟

千葉大学工学部写真印刷工学科卒業後、電通に入社し写真部に所属する。1964 年、「さっちん」で第1回太陽賞を受賞。1971年、妻陽子との新婚旅行を写した『センチメンタルな旅』を限定1000部で自費出版。この作品は以後の写真家たちに多大な影響を与える事になる。そして、日本を代表する写真家として内外で高い評価を受けている。日本写真協会・年度賞(1990)、オーストリア科学・芸術勲章(2008)、第54回毎日芸術賞・特別賞(2012)、第6回安吾賞(2012)を受賞。

 

音楽:大友良英
1959年8月1日生まれ、神奈川県出身
【主な作品】
『アイデン&ティティ』(03年/田口トモロヲ監督)、『カナリア』(05年/塩田明彦監督)、『僕は妹に恋をする』(07年/安藤尋監督)、『色即ぜねれいしょん』(09年/田口トモロヲ監督)、『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』(10年/大森立嗣監督)、『きいろいゾウ』(12年/廣木隆一監督)、『映画 鈴木先生』(13年/河合勇人監督)、連続テレビ小説「あまちゃん」(13年/NHK)

 

 


 

監督・編集:足立正生

企画・脚本:足立正生、小野沢稔彦

制作:小野沢稔彦、古川嘉久、坂口一直、大高彰、Asian Culture Complex – Asian Arts Theater

撮影:山崎裕

音楽:大友良英+ライブ演奏者たち

録音:志満順一

美術:黒川通利

照明:山本浩資

助監督:野本史生

ヘアーメイク:入江正幸

スタイリスト:片柳利依子

ラインプロデューサー:藤原恵美子

劇中画・彫像:山村俊雄

題字:西垣内江春

スチール:荒木経惟

配給:太秦、協力:テトラカンパニー

メイキング:馬込伸吾 + 足立組

Copyright 2015「断食芸人」製作委員会

[2015 日本 カラー DCP 104分]

広告